普通自動車の廃車手続き


総論

(1)普通自動車とは、軽四輪自動車以外の四輪(三輪)自動車をいいます。
(2)普通自動車は、車検が切れていると名義変更は出来ません。
(3)申請書に押印する印鑑は、実印が必要な場合と認印で良い場合とがあります。
(4)実印の押印が必要な場合は、概ね所有権の得喪に関する場合です。
(5)所有者と使用者が異なる場合、両方の委任状が必要になる場合があります。
(6)ナンバープレートの変更を伴う登録は、封印のため車両の持ち込みが必要です。
(7)未成年者が新しく所有者になる場合、又譲渡人として車を譲渡する場合
                     戸籍謄(抄)本
                     親権者全員の実印を押印した同意書
                     親権者一名の印鑑証明(有効期間・発行日より3ヶ月)が必要になります。
(8)本人が直接陸運事務所に出頭する場合は、実印(認印)を持参してください。
(9)下記必要書類を陸運事務所に持参して、申請書類に記入・押印すればOKです。


各論

自動車を、使用しなくなったときにする手続き。

必要書類
(1)自動車検査証
(2)印鑑証明書(有効期間・発行日より3ヶ月)
(3)委任状
(実印)
(4)ナンバープレート(2枚)

*住所や名前に変更があった場合、変更登録を同時にする必要があります。
*従って、変更の原因証書(住民票・戸籍謄本等)が更に必要となります。

永久抹消登録について
永久抹消登録(自動車リサイクル法に基づく解体抹消)をするには、申請書に「解体にかかる移動報告番号」及び「解体報告記録がなされた日」の記載が必要です。
廃車申請の際は引取業者(解体業者)に確認の上、これらのメモ等をご準備下さい。

また、自動車重量税の還付申請に際しては、還付金を郵便局で受け取る場合には郵便局名、振込みの場合には還付金の振込先金融機関の「金融機関名」「支店名」「口座番号」「口座の種類」等の記載が必要です。同様にこれらのメモ等をご準備下さい。



例示した書類は、所有者と使用者が同一の場合で、基本的なものです。
詳細は、車検証をご覧になりながら、お問い合わせ下さい。

表紙へ戻る


〒179-0081 東京都練馬区北町5−10−17
練馬自動車登録合同事務所
行政書士 山田 保
TEL 03−3931−2768
skypephone: yamada_tamotu